ぶひぶひ劇場

我が家の愛犬パグのぶんたを中心に、日常のちょっとした出来事ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

がんこさん、貰ってくれませんか?

がんこさんがまた発掘されました。


(がんこさんついては、こちらを参照


ちょっと色塗ってみましたYO。


どなたか、このコ貰ってはくれませんか?


絶対に、パコっとは開きま千円。


開けようとしたら、たぶんケガします。(がんこさんが)


置物として転がしておいてくれればOKです。


DSCN0542.jpg


これだけでは、もの足りないので(?)


DSCN0543.jpg


この ちびこサンたちも、欲しいと思われる方が


いましたら差し上げたいと思います。


DSCN0546.jpg


これ欲しい方


DSCN0545_20141026205925b9b.jpg

 
がんこさん、貰ってもいいぜ!って方は


コメント欄にひと言お願いします。


ちびこさん達を希望の方は


DSCN0544.jpg


AとかBとか、コメント欄にお願いします。


一応、締め切り日ですが


11月15日までとしまっす。


ヨロシクです〜。


DSCN0547_201410262118241ed.jpg



今年もあとちょっと。
早いなぁ〜。
ランキング参加してます。
ポチお願いします!


にほんブログ村 犬ブログ パグへ

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
スポンサーサイト

テーマ:犬。それもパグ犬。 - ジャンル:ペット

  1. 2014/10/26(日) 20:36:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:28

ラインスタンプ申請してみた。

DSCN0517.jpg

まめ子がね。


ラインスタンプに申請したって言うんですヨ。


DSCN0518.jpg


ポンコツな出来だというのに。


参加する事に意義があるだってさ。


シミュレータ


『パグのヘコマッチョ』


まだ、審査待ちです。


審査がすんなりと通りますように。。。


なかなか審査が難しくて、時間がかかるそうなので


どうなるかなぁ〜。


ドキドキします。




スタンプが無事に皆さんに
お披露目できますように!
ランキング参加してます。
ポチお願いします!


にほんブログ村 犬ブログ パグへ

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

テーマ:犬。それもパグ犬。 - ジャンル:ペット

  1. 2014/10/18(土) 08:29:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

ささみゲット。

暖かい日差しで


DSCN0535.jpg


こんなに寛いでるのに


私が、ちょっと台所方面動くと


DSCN0536.jpg


誘導してくる。


DSCN0537.jpg


そんな期待する目で、見ないで下さい。


DSCN0539.jpg


うううっ

ちょっとだけよ。


DSCN0540.jpg


ささみ


DSCN0541.jpg


ゲット。


まんまとパグの計画どおり。



さて

手描きでラインのスタンプが出来ちゃうかもYO。


ってのをネットで見つけて


早速、ちょっと描いて


ぱぐ


シュミレータってのに貼ってみた。


とてもポンコツな感じです。。。


難しいネ☆




予約してたiphone6
やっと手に入れました。
ランキング参加してます。
ポチお願いします!


にほんブログ村 犬ブログ パグへ

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

テーマ:犬。それもパグ犬。 - ジャンル:ペット

  1. 2014/10/11(土) 15:45:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

肺葉捻転つづきのつづきのつづき。

肺葉捻転つづきのつづきのつづき。

術後の山を乗りこえた

のんたん。

症状に落ち着いて、熱も下がって喜んでたのに

2日後、ちょっと熱が出てきて嫌な感じなんですよね。。。と

主治医に言われ、またガクッと。。。

でも、この熱はドレーンという胸に溜まった水を抜く

管がついていたのですが、それを抜いた事で落ち着きました。


症状が落ち着いても、のんたん入院してからご飯を全然食べない。

一応、点滴はしてるけれども

クチからご飯を食べられるようにならないと

ダメなので、茹でたササミを持ってきてもいいか?と

確認を取りOKが貰えたので

あげてみると

DSCN0486.jpg

ペロリと


DSCN0485.jpg


食べましたね。

ササミをきっかけに、徐々にご飯を食べるようになり

ひと安心です。

せっせとササミとフードを病院まで運びましたYO。

(が、フードはどうやら病院で処方されるものが

お気に召したようで、いつも食べてるフードは

退院のときにドッサリと返されました。)

どんどん、状態も良くなり

8月1日に手術。

8月13日に退院。

(退院して、1週間はオーグメンチン錠という抗生剤を朝晩1錠服薬。)

8月19日に再診。無事に抜糸。

切除した部分の病理検査も腫瘍などの心配なし。

日常生活は、特に心配はないが

ちょっと呼吸などが荒くなったりとか

したら気をつけるようにと言われました。

肺葉捻転の原因は、はっきりとは分からないけど

再発は、まずないでしょう。との事。

(最初に診察してくれた動物病院へ退院後あいさつに行ったら

『肺葉捻転は、この病院を開業してから初めて診察しました。

 大学病院などの症例報告などを見ると、短頭種はわりと疾患報告が

 あるようです。』と言われ、よくすぐに見つけてくれたなぁ〜。と思いました。)

原因が、分からないなんて怖いなと思いつつ

無事に生還。

良かったなぁ〜のんたん。

病気になってから、1キロちょい痩せたけど

ムチムチと戻りつつあります。

身体の負担にならないよう

あんまり太らせないようにしたいのに

何でも貪欲に食べるようになってしまって困っております。

長〜くなりましたが

肺葉捻転は、これでまとめ終わりたいと思います。

また、通常ブログへと戻りますので

おつきあいありがとうございました。





まとめ長くて、グチャグチャに
なってしまった。
それにしても、入院中に
着用してた焼豚ネットみたいなの
やけに似合ってたな。。。
ランキング参加してます。
ポチお願いします!


にほんブログ村 犬ブログ パグへ

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

テーマ:犬。それもパグ犬。 - ジャンル:ペット

  1. 2014/10/10(金) 18:29:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

肺葉捻転つづきのつづき。

肺葉捻転つづきのつづき。


一旦、家に帰ったものの

いつも食べてるご飯を持って、再度病院へ

酸素室の中で

IMG_0491.jpg

佇んでいる のんたん。

呼吸も家に居たときより、ちょっと楽そうでした。

この時点で、血液検査にて急性炎症があると数値が高くなる

イヌCRPが基準値が0〜1mg/dlなのが

のんたんは、15mg/dl。

やはり、たぶん肺だろうけど炎症があるとの事。

早く治療が進んで欲しいけど、CT検査をしないと

手術も出来ない。

くそ〜〜とヤキモキしながら、CT検査の日を待ちました。

そして、CT検査の当日

動物救急センターへお迎えに行き 

IMG_0492.jpg

全く元気がなく、熱もあり咳も激しい。

でも、家に帰れると思ってるのかキョロキョロ。

検査頑張るんだよぉ〜と声かけしつつ

キャミック埼玉へ15分ほどで到着しました。

病状の経過説明を行い、麻酔のリスク等を

説明されCT検査へ。

CT検査は、2時間半ほどで終了し

のんたん、麻酔からも覚醒して普段通りに戻ってますと

まずは、ひと安心。

そして、キャミック埼玉のドクターよりCT検査の説明をうけ

やはり、左肺前葉部分が捻れてるとの診断。

輪切り状態だと

DSCN0532.jpg

背面からだと

DSCN0533.jpg

腫瘍は、年齢から考えるとあまりないと思うので

肺が捻れてるのでしょうとの診断でした。

原因は、よく分からないが胸の深い大型犬がなりやすい病気だそうです。

とにかく、手術をしないと治らない病気なので

検査結果を持ち、動物救急センターへ戻り

のんたんの手術をお願いしました。

手術日は、この次の日の13時頃に決まり

術前の説明があるので、30分くらい前には

病院へ来て下さいと言われたのでした。



そして、次の日

まずは、担当医による術前の説明があり

・麻酔のリスク

・肺の手術は、お腹の開腹手術と違い肋骨があり
 切れる箇所が決まっているので難しい。

・胸の手術は、術後はかなり痛みがある。

・切除部分を摘出する時に、菌が広がる事がある。
 それによって感染症のリスクがある。

・3分の2左肺を切除するが、残りの3分の1が正常なら
 それが膨らんで、無くなった部分を補ってくれるけど
 押しつぶされてる状態なので、開いてみないと分からない。

・肺に水が溜まり、術後の経過が良くない事がある。

などなど。

恐ろしい事をズラズラと説明され

だが、手術をしないと良くはならないので

すべてを委ねお願いしました。

13時くらいから手術が始まり、終了したのが17時半頃。

画像を見ながら、術後の説明をうけ、切除した肺を見せてもらうと

真っ黒で、完全に壊死してました。

180度、軸がグルンと捻れてたそう。

のんたん、とても痛くて苦しかったと思います。

この部分は、病理検査へ。

残りの3分の1は、思ったより状態が良かったので大丈夫との事。

ただ、手術自体は早く終了したのだが、本人の自発呼吸が

なかなか戻らなくて時間がかかってしまったと言われ

あとは、本人の頑張り次第。

今夜が山でしょう。

何かありましたら、すぐに電話連絡します。

と怖い事ガンガン言ってくるんですYO。

そんなこんなで、眠れない夜を過ごし

次の日、のんたんのお見舞いに行くと

IMG_0494.jpg

管だらけだけど、山場を乗り越えた

のんたんがおりました。

つづく。



すごくすごく長くて
申し訳ナス。
もうちょっと続きます。
ランキング参加してます。
ポチお願いします!


にほんブログ村 犬ブログ パグへ

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

テーマ:犬。それもパグ犬。 - ジャンル:ペット

  1. 2014/10/09(木) 20:15:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

肺葉捻転つづき。

前回の記事のつづきです。


時間外で病院へ連れていき

全身を診てもらう。

この時は、熱もナシで心音なども異常なし。

一応、胸のレントゲンを撮り

左胸に、丸く白くなってる部分あり。

これは、無気肺といって肺が機能してない部分で

何が原因かは不明だがこの状態でも

日常生活できますよぉ〜と言われ

気管に何か詰まってる場合もあるので、バリウム検査しましょうと。

でも、気管にも異常はなく

無気肺部分が気になるので

抗生剤の注射と飲み薬で様子をみることにして、病院から帰りました。


DSCN0531.jpg


が、その晩は、のんたんどうにも落ち着かず

ウロウロと一晩中、具合が悪そうで私もオロオロ。

吐きそうな感じを何度も繰り返し。

朝一番で、再び病院へ連れていった時には

前日には、なかった熱もあり

レントゲン検査で無気肺部分も広がってました。

これは、もしかしたら肺捻転かもしれないと。

私は、なんですかその肺捻転って!!!

完全にパニック状態。

うちでは、治療が出来ないので対応が出来る病院に

問い合わせしますので、予約が取れ次第

そちらへ行って下さいと言われたのでした。


DSCN0529.jpg

で、紹介してもらったのが川口市にある動物救急センター。

MRIもある病院で、そちらへ連れていけば

すぐに診察して治療してもらえると思ったのですが

肺捻転は、CT検査が効率よく診断出来るとの説明を受け

私は、ならば急いでCT検査をして下さいって申したのですが

CTは、また別の病院へ予約しないとダメとかって。。。

MRIじゃダメなのかよ。。。

で、キャミック埼玉にCT予約が取れたのは3日後。

なんて、段取りの悪さ。

それまでは、手術が出来ないので

色々と細かい検査を受けて

ICU高酸素室へお高い抗生剤をバンバン点滴してもらい

入院することになったのでした。

DSCN0530.jpg

動物救急センターは、24時間完全看護

いつでも、お見舞いOKで何かありましたら連絡するとの事で

お任せして、帰途についたのでした。

つづく。




すごくすごくまとめ長いです。
ちなみに、肺捻転は大学病院だと
治療費100万〜。
うちだと50万位かかると説明され
ちょっとヒッっとなりました。
ランキング参加してます。
ポチお願いします!


にほんブログ村 犬ブログ パグへ

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

テーマ:犬。それもパグ犬。 - ジャンル:ペット

  1. 2014/10/08(水) 16:36:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

だいぶご無沙汰してしまいました。

いや〜、だいぶご無沙汰してしまいました。

のんたんファン(いるのか??)の皆様

のんたんは、ムチムチと元気ですYO!

肺の手術をしてから、何だか

今まで以上に食欲がハンパなく

今まで、見向きもしなかった梨やトマトなど

ムシャムシャと

食べるようになって、おったまげです。


刈り上げられた毛も

DSCN0527.jpg

結構、生えてきました。

良かった良かった。

肺捻転手術の治療費も、アニコムさんへ申請して

半分ちょいとは、戻って参りました。

お帰り、諭吉たちよ。

興味ある方おりましたら、後々治療費等も

詳しくご報告したいと思いまする。

今では、こんな風に

DSCN0520.jpg

ベロ出して、爆睡してる のんたんですが

7月27日のあの日から、ホントどうなることかと・・・。

のんたん、7月27日は朝からとっても元気で

午前中は、シャンプーしてオヤツを食べて

のほほんと過ごしていたんです。



私が、ちょっと買い物しに出かけて

外出から帰ってきてから

なぜか、食べ物(おやつ)を欲しがらない。。。

いつもは、うるさいくらい要求するのに。

時間が経つにつれ、落ち着かないようでウロウロ。

寝ようとしても、すぐに移動しウロウロ。

夕方のお散歩では、トボトボと歩くけど

どこか、元気なくご飯も食べない。

玄関でジッとしてる。

玄関でジッとして動かないのは、先代パグぶんたさんも

具合が悪いとき、玄関で佇んでいたので

絶対に、どこか具合が悪いと判断して

病院へ。

その時、私の実家へ滞在しておりましたから

以前、罹っていた動物病院の診察時間が

過ぎていたのもあって、電話して確認したら

診てくれるというので、連れて行きました。

まさか、肺が捻れて手術になるとはこの時は思いませんでした。。。

長くなりますので、何回かに分けます。

続きは次回に。


<おまけ>

ずぅ〜っと放置しておりました。

白木ちゃんとひょうたん達

DSCN0522.jpg

その辺に、放置して邪魔にされてましたが

やっとこさ

DSCN0525.jpg

ニス塗って、何とかソレナリな形となりました。

でも、まだまだ色塗って欲しいコ達が

おりますので、どうなるかな〜。




やっと、のんたんの肺葉捻転に
ついてまとめ始めました。
ランキング参加してます。
ポチお願いします!


にほんブログ村 犬ブログ パグへ

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

テーマ:犬。それもパグ犬。 - ジャンル:ペット

  1. 2014/10/06(月) 13:26:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。