ぶひぶひ劇場

我が家の愛犬パグのぶんたを中心に、日常のちょっとした出来事ブログ。

歩行。

DSC00659.jpg

ぶんたは、今年に入ってから急に歩行が困難になって
しまった。
もともと、後ろ足が股関節形成不全で右脚のほうは
脱臼をおこして2回手術を受けている。
筋力が落ちてしまうと歩けなくなる。とかかりつけの
獣医さんに言われていたので、気をつけていました。

でも急に歩行が困難になってしまった。
おじいちゃん犬だから年のせいかもしれないし、
かかりつけの獣医さんに行っても
「筋力の低下でしょう。」と言われ、麻酔をしないと
レントゲンは取れない言われ詳しい検査も出来ません。
ただ、痛め止めのためにステロイドの錠剤を処方されました。

ステロイドはとても即効性のある薬です。
効いて直るなら有効な薬だと思います
ただ、その分副作用がすごいのです。
常用服用はさせたくない。
色々調べました。
そして、埼玉県三郷市にある戸ヶ崎動物病院の諸角院長先生に
一度診てもらうことに...。
この先生は、脳神経・てんかん・脊椎(椎間板ヘルニア)
を専門で、獣医界のブラックジャックと言われてるそう。
遠方からも診てもらいにこられる方も多いそう。
電話を入れ、症状を説明し病院へお伺いしました。
院長先生は、ニコニコと穏やかな表情
本当に動物が大好き!!という感じの方。
緊張してたのが、なんだかホッとしました。

診察を受けると、後ろ足は完全に麻痺はしてなく
もっと詳しく見るためにレントゲンを撮り、
(麻酔なんて必要なくあっという間に...。)
なんと、生まれつき脊椎が1本足りない事が判明。
そして、脊椎骨が変形し神経を刺激してるのと
骨に変な空洞と溶けている?箇所があると...。
年齢的なことと手術をして治るものではないので
現状維持と言われてしまいました。
ただ、空洞と溶けているらしい?箇所は生まれつき
かもしれないので6ヶ月後に再度診せてほしいとの事。

手術が出来るものなら、その日のうちに松戸市にMRI
を撮ってくれるところがあるそうで(大学病院なら1ヶ月
以上待ち)撮って病院に戻り、即手術も可能だそう。
すごいです。凄すぎです。

現状維持と言われ、落胆しました。うほほい
歩かせないとどんどん筋力が低下し
もっと歩けなくなってしまう。でもぶんたは歩けない。
少し歩いても、すぐ歩けなくなってしまう。
そんな時出会ったのが、

犬用車イスです
スポンサーサイト

テーマ:犬。それもパグ犬。 - ジャンル:ペット

  1. 2007/03/17(土) 21:11:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://89booron89.blog77.fc2.com/tb.php/4-a26c1010
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad