ぶひぶひ劇場

我が家の愛犬パグのぶんたを中心に、日常のちょっとした出来事ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

肺葉捻転つづきのつづき。

肺葉捻転つづきのつづき。


一旦、家に帰ったものの

いつも食べてるご飯を持って、再度病院へ

酸素室の中で

IMG_0491.jpg

佇んでいる のんたん。

呼吸も家に居たときより、ちょっと楽そうでした。

この時点で、血液検査にて急性炎症があると数値が高くなる

イヌCRPが基準値が0〜1mg/dlなのが

のんたんは、15mg/dl。

やはり、たぶん肺だろうけど炎症があるとの事。

早く治療が進んで欲しいけど、CT検査をしないと

手術も出来ない。

くそ〜〜とヤキモキしながら、CT検査の日を待ちました。

そして、CT検査の当日

動物救急センターへお迎えに行き 

IMG_0492.jpg

全く元気がなく、熱もあり咳も激しい。

でも、家に帰れると思ってるのかキョロキョロ。

検査頑張るんだよぉ〜と声かけしつつ

キャミック埼玉へ15分ほどで到着しました。

病状の経過説明を行い、麻酔のリスク等を

説明されCT検査へ。

CT検査は、2時間半ほどで終了し

のんたん、麻酔からも覚醒して普段通りに戻ってますと

まずは、ひと安心。

そして、キャミック埼玉のドクターよりCT検査の説明をうけ

やはり、左肺前葉部分が捻れてるとの診断。

輪切り状態だと

DSCN0532.jpg

背面からだと

DSCN0533.jpg

腫瘍は、年齢から考えるとあまりないと思うので

肺が捻れてるのでしょうとの診断でした。

原因は、よく分からないが胸の深い大型犬がなりやすい病気だそうです。

とにかく、手術をしないと治らない病気なので

検査結果を持ち、動物救急センターへ戻り

のんたんの手術をお願いしました。

手術日は、この次の日の13時頃に決まり

術前の説明があるので、30分くらい前には

病院へ来て下さいと言われたのでした。



そして、次の日

まずは、担当医による術前の説明があり

・麻酔のリスク

・肺の手術は、お腹の開腹手術と違い肋骨があり
 切れる箇所が決まっているので難しい。

・胸の手術は、術後はかなり痛みがある。

・切除部分を摘出する時に、菌が広がる事がある。
 それによって感染症のリスクがある。

・3分の2左肺を切除するが、残りの3分の1が正常なら
 それが膨らんで、無くなった部分を補ってくれるけど
 押しつぶされてる状態なので、開いてみないと分からない。

・肺に水が溜まり、術後の経過が良くない事がある。

などなど。

恐ろしい事をズラズラと説明され

だが、手術をしないと良くはならないので

すべてを委ねお願いしました。

13時くらいから手術が始まり、終了したのが17時半頃。

画像を見ながら、術後の説明をうけ、切除した肺を見せてもらうと

真っ黒で、完全に壊死してました。

180度、軸がグルンと捻れてたそう。

のんたん、とても痛くて苦しかったと思います。

この部分は、病理検査へ。

残りの3分の1は、思ったより状態が良かったので大丈夫との事。

ただ、手術自体は早く終了したのだが、本人の自発呼吸が

なかなか戻らなくて時間がかかってしまったと言われ

あとは、本人の頑張り次第。

今夜が山でしょう。

何かありましたら、すぐに電話連絡します。

と怖い事ガンガン言ってくるんですYO。

そんなこんなで、眠れない夜を過ごし

次の日、のんたんのお見舞いに行くと

IMG_0494.jpg

管だらけだけど、山場を乗り越えた

のんたんがおりました。

つづく。



すごくすごく長くて
申し訳ナス。
もうちょっと続きます。
ランキング参加してます。
ポチお願いします!


にほんブログ村 犬ブログ パグへ

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
スポンサーサイト

テーマ:犬。それもパグ犬。 - ジャンル:ペット

  1. 2014/10/09(木) 20:15:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

大変でしたね

こんばんは。
川口の医療センターにはCTがなかったんですね。
検査がなんとか間に合って良かったです。
それにしても、術前の説明・・・読んだだけで鳥肌が立ちます、これを病院でお医者さんから聞いていたら、私だったらへたりこんじゃいそうです・・
のんたんが元気になった、いまでこそ読めますけど、ほんと無事でよかったですね。
チッチの椎間板ヘルニアは、外科手術が難しくて、PLDDというレーザ手術をしました。その闘病記も、2年近く経過してようやくこの夏に書きました。
・・・そしてとてつもなく長編になりました・・・(-_-;)
でも、記録に残しておくことって、やっぱり大事ですよね。
つづきのつづきのつづきも、頑張ってください・・・
  1. 2014/10/09(木) 23:35:00 |
  2. URL |
  3. うさぎ #Q5CjbdH.
  4. [ 編集 ]

のんたーん!本当に大変な手術頑張って乗り越えたんだねー!手術前の先生の話を聞いたまめ子さんも頑張ったね!その時のまめ子さんの気持ち考えただけで胸が押し潰されそうになる。のんたんが良くなったから落ち着いて読めるのがすごく嬉しい!
  1. 2014/10/10(金) 13:22:31 |
  2. URL |
  3. らいちママ #-
  4. [ 編集 ]

うさぎさん

CTがなかなか検査できなくて
やきもきしましたね。
ほんとに間に合って良かったです。
もうちょっと遅かったら、どうなってたか。。。
術前の説明、おどしか?ってくらいマイナスな事を
ずらずらと言われて、頭真っ白でした。
術後も、回復してきたなぁ〜と思ってても
あんまりいい事言わないんですよ。
ほんとに、のんたんが無事で良かったです。

チッチくんも大変でしたね。。。
闘病記、のちほどゆっくりと拝見させていただこうと思います。
私は、文章力も記憶力も乏しいので
思い出しつつまとめて、なんだかグッチャリとしちゃいましたが
やはり、記録にしておくのは大事かなっと。
同じ病で悩んでる方がちょっとこの記事を目にして
少しでも何かの役に立つかも知れないですしね。
  1. 2014/10/10(金) 19:32:53 |
  2. URL |
  3. うずらまめ子 #-
  4. [ 編集 ]

らいちママさん

のんたん、手術頑張りましたよ。
麻酔もリスクあるといいながら、CTで麻酔。
手術で麻酔と2日続けて全身麻酔も
ほんと心配でしたよ。
術後、すぐの状態なんてもうダメかと思うくらいでした。
ドクターの説明は、マイナスなことしか言わないので
胸が痛かったですね〜。
今では、ムチムチと太りつつある
のんたん見てると、助かってホント良かったなぁ〜と思います。
  1. 2014/10/10(金) 19:37:43 |
  2. URL |
  3. うずらまめ子 #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://89booron89.blog77.fc2.com/tb.php/454-d63090d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。